節税相談なら

東京で相続を専門とする税理士に頼めることの1つに、節税があります。
これも知っておくといいですね。
節税とは、許された範囲で税金を減らすように対策すること。
所得税などでも一般的で、所得の計算時に使える控除項目が増えるようにあらかじめ対策しておけば、所得が少なくなり、それを使って計算する所得税の金額も減るというわけです。

税金は法律で決められていることですから、一度課税のタイミングが来てしまうと、その計算を一方的に変えることはできません。
税金の計算の元になる所得などを、正当な理由なく低く計算することもできませんから、節税がしたいなら早めに手を打っていく必要があるんですね。
相続で起きる税金も同じです。
相続税などが少なくなるように、あらかじめ手を打っておけば、本当に相続が起きたときにかかる税金を少なくできます。
どのような手を打てばそうできるのか、東京で相続を専門とする税理士が教えてくれるわけです。

基本となるのは、相続資産を減らす対策です。
相続税は相続資産が計算の元になります。
これから課税対象となる相続資産の金額を計算し、それに相続税の税率をかけて実際の税額を計算するんです。
つまり相続資産が減るように手を打てば、そのあとにかかる相続税も少なくなるわけです。
そのための具体的な方法として、生前贈与をよくオススメされます。

生きているうちに資産を将来の相続人たちへできるだけ贈与しておけば、相続が起きたとき、相続資産はあまり残っていないことになりますよね。
これで相続税を抑えられます。
贈与には贈与税という別の税金がかかるため、こちらの注意が必要ですが、それに引っかからないように、上手に贈与する方法など、税理士が教えてくれますよ。
使える方法はもちろんこれだけではありません。
専門家だからこそ教えられるいい方法を教えてくれます。

このような方法を使わずに相続税を節税しようとしても、失敗することも多いです。
税金の仕組みを正確にわかっていないと、税額を抑える方法も正確にはわからないからですね。
相続税をできるだけ節税したいと思ったら、東京にいる専門の税理士まで相談してください。