東京の税理士に頼める相談の種類

東京の税理士には相続に関していろいろな相談ができますが、どんな相談ができるのか、その種類をご紹介しましょう。
まずは相続税がかかるかどうかの計算です。
相続税は、身内で亡くなった方が出たら絶対にかかるわけではありません。
これも確定申告と同じで、無課税となる条件がいくつかあります。

それは主に相続資産の金額で決まるのですが、自分に税金がかかるのかは、所定の計算式を使って自分で計算しないといけません。
その計算結果を見て、課税があるのかないのか、自分で判断する形になります。
このときに自分で計算するのが不安だったり、時間がなかったりすることもありますよね。
そんなときに、その計算について相談ができます。
計算式や、計算するときの疑問点など、細かい部分まで税理士が対応してくれます。
基本的な相談の種類の1つとして覚えておくといいですよ。

次に、相続税の申告が必要になったときは、その対応策について相談できます。
相続税は基本的には自分で申告する形になりますから、どう対応すべきか、専門家が教えてくれるんですね。
また、相談内容には、税理士への代行依頼も含まれます。
相続税は税理士が申告手続きを行うことの多い税金で、自分でやる方は少ないですね。
相談した税理士の方でこの申告を引き受けてもらえないか、それも対応策の1つとして相談できますよ。
これも基本的な相談の種類ですから、覚えておくといいです。

このほかにも相続に関してはいろいろな相談ができます。
たとえば、相続税をなるべく抑えたいといった相談です。
生前に進めておく節税対策の相談は多くの税理士でできますし、すでに相続税が課税されるタイミングになったあとでも、できるだけ税金を抑えるために、今からでも使える方法がないかといった相談自体はできます。

ほかには、遺産に特殊な資産が含まれており、これをどう扱えばいいのか教えてほしいといった相談もできますね。
このように東京の税理士には、相続に関していろいろな種類の相談ができます。