相続の相談をしたときの料金

東京の税理士に相続の相談をしたときにかかる料金は、どれくらいでしょうか?
基本的な相談内容になるのは相続税の計算や申告代理ですが、これはその相続資産によって決まるのが基本です。
莫大な遺産があると相談料も高くなりますが、それほど多くないなら、相談料も安くなります。

このような仕組みになるのは、遺産総額の1%ほどを料金として請求するといったシステムになっているから。
相続税がかかるような遺産は数千万円といった規模が普通ですから、その1%といった形でも十分な金額になるんですね。
たとえば遺産総額が8000万円だったら、その税金の計算や申告をやってもらう費用は80万円となります。
5000万円だったら50万円と減額しますし、1億円になれば100万円と、遺産総額に応じてうまく調整されるようになっているんです。
遺産総額の何%を報酬として請求するかは、東京の各税理士によって違います。
だいたいは1%前後が相場となりますから、それくらいを目安に料金を考えておくといいでしょう。

このようなシステムが多いですが、これ以外に固定金額を費用として請求する税理士もいます。
たとえば遺産総額が一定金額を下回り、その他に特殊な条件もない場合、一括で20万円で相続税の計算や申告を引き受けるといった形です。
とてもわかりやすいシステムですね。
そして基準金額を超えた場合、固定費用の20万円と、遺産総額の何%かを足した金額が、料金として請求されることもあります。
すでに固定費用として一定金額は必ず請求されますから、遺産総額に応じてかかる料金の割合はかなり低く、0.5%以下になることも多いですね。

このように東京の税理士まで相続関係の依頼をしたとき、その費用が具体的にいくらかかるかは、依頼した税理士事務所でよく確認してください。
これはちゃんと見積もりを出してもらえますし、料金のシステムについても説明を受けられます。
それに納得したうえで使うのがオススメですから、わからないことはよく確認してから使うといいでしょう。