大阪の中小企業に強い税理士とは?

会社設立 税理士01

会社設立時にはいろいろな専門家が力を貸してくれますが、中でも税理士とは長く付き合っていく可能性が高いと思いますので、しっかりその特徴を把握しておいたほうがいいでしょう。
大坂にはいくつも中小企業がありますが、中小企業の多くは税理士を顧問契約を結んでおり、会社設立から税務に携わっている人もたくさんいます。

そこで今回は中小企業に強い税理士を探すにはどのようにすればいいのかお伝えしていきたいと思います。

まず最初に税理士は税務関係の仕事をメインに行いますから、中小企業に限らず企業と顧問契約する際には法人税や消費税、所得税が関わってくることが多くなるでしょう。
税理士は企業にかかってくる税金に関する申請・申告用の書類作成や代行業務、相談やアドバイスをしてくれますので、経営者や社員が分からないことがあるときに頼りになりますし、顧問契約していれば税務全般を任せられます。

したがって顧問契約している企業がほとんどですし、そのタイミングは特に決まっていませんができるだけ早い段階で自分たちに合った税理士を見つけておいたほうがいいでしょう。
また、中には税理士以外の資格を持っている人もいて会社設立手続きのアシストをしてくれることもあります。

会社設立手続きが初めて起業する人にとってややこしい部分も多いですし、専門的な知識を必要とする場面もあります。
たとえば定款の作成は現在電子定款がメインになっていますが、電子定款で作成する場合、専用のソフトを導入しなければなりません。

紙の定款だと収入印紙代40,000円がかかりますから、これを節約するために電子定款にするのですが、自分だけでやるとなると40,000円以上かかってしまうこともめずらしくありません。
したがって会社設立手続きは自分だけでやるよりも専門家と共同で進めていくほうが効率的ですし、新規の企業と関わりがある場合には会社設立の祝いなどを出したりもしますが、そのときにどういったものがいいのかということまでアドバイスをもらえます。

自分だけで手続きをやりたいという人もたまにいますが、これはもともと法律的な知識があるならいいかもしれませんが、そうでないなら時間もお金もかかってしまうので非常に不効率ですしコストのかかるやり方となります。
中小企業の場合はもともと節税に力を入れることも多いですし、あまりコストをかけずに経営していくことを早くから考えておかなければなりませんので、できれば会社設立に関われる税理士のほうがおすすめです。