会社設立!アメリカ法人の種類

会社設立 税理士

・会社設立をアメリカでする方法
ここでは、会社設立手続きが可能な、アメリカ法人の種類の一部を紹介しています。
アメリカの法人は、日本よりも種類が多いです。
何かしらの事業でアメリカ進出を考えている人は、どの法人形態がいいのかを参考にしてみてください。

・簡単なのが現地法人
アメリカでの法人手続きのうち、日本の登記手続きと比べて簡単なのが現地法人の登記手続きです。
発起人の署名入った定款と登録税を提出し、雇用主証明番号を取得します。
それから会社設立許可証を交付してもらうことで、アメリカで現地法人を設立することができます
定款や登録税の提出は州務長官へ提出し、州当局に会社設立許可書を交付してもらいます。
日本のと同じくらい、もしくはそれ以上に簡素な手続きだといえます。

・アメリカで株式会社の設立
基本的には現地法人の手続きとそれほど変わらないのですが、日本のようにルールが統一された時手続きではなく、州ごとに規定の書類を揃える必要があるため、少々手続きは面倒です。
基本的な流れとしてはそれらの書類を添えて定款と一緒に提出し、登録税や手数料を支払います。
それから納税者登録をして、雇用主証明番号を取得する流れです。
初めてアメリカで会社を立ち上げる場合は、専門的な知識を持った人間を雇った方がいいでしょう。

・共同事業体
共同事業体は、複数の企業が共同で事業を行うときに設立する会社形態です。
業務提携とは違い会社同士が対等の立場で、パートナーシップを結ぶという形になります。
この場合も、州によって規定が違いますので、用意する書類が変わってきます。
もしこの会社形態を作って事業を進めていく必要がある場合は、専門家のアドバイス及び、手続き代行をお願いしたほうがいいでしょう。

・小規模法人
株式の発行枚数や株主数に制限が設けられている、小規模の企業になります。
形式上は株式会社と言うことにはなりますが、日本でいうところの1円株式会社に該当する会社形態に近いかかもしれません。
まず手始めに立ち上げる株式会社としては、この形の小さい会社が、手続き等の労力も少なくふさわしいかと思われます。

・個人事業主
これは日本にもある会社形態です。
個人と事業主が同一であり、無限責任を負うのがこの会社形態になります。
日本とは違ってアメリカでは個人事業主で所得が1800万円を超えた場合の税率は非常に高いですが、手続きが簡単にできるため、アメリカで商売をする時の最初の会社形態として選ばれやすいタイプです。

会社設立は株式会社が人気の理由

会社設立 税理士

会社設立をするとは言っても、会社の形態をどのようにするかという点は重要です。
企業には色々な形があり、一番メジャーと言われているのが株式会社です。
ただ、その他には有限会社もあれば合資会社、合同会社もあります。
どの企業形態でも間違いということはありませんし、何が正しいのかという点も一概には言えません。
しかし、やはり人気なのが株式会社です。
では、なぜ株式会社はそこまで会社設立でも人気を集めているのでしょうか。
他にも魅力的な形態があるのなら、そちらで会社設立をしても良いのではないでしょうか。
そこには色々な背景があり、結局は株式会社という形態を選んでいる会社が多いです。
株式会社の魅力はそれぞれの企業によって違ってきますが、魅力については知っておいて損もないでしょう。

まず、株式会社が人気の理由としては、単純に知名度があるというのが理由です。
「有限会社○○」と言われるより、「株式会社○○」と言われた方が、安心するのではないでしょうか。
これは感覚的なものですが、やはり株式会社というのは知名度があり、どうしても名前だけで安心感が違ってきます。
世の中でも、しっかりと手順を踏んで株式を発行し、株主を集めているという企業は、信頼・信用の対象となります。
そういう意味でも、やはり株式会社を選ぶというのが主流だと言えるでしょうね。

また、株式会社は資金調達の面でも、他の形態より有利な面があります。
株式会社は文字通り株式を発行し、それに出資してくれる人、つまりお金を出してくれる人を募ることができるのです。
つまり、事業が魅力的であればあるほど、資金調達も比較的楽になるのです。
また、社会的な信用度や信頼度も高いため、銀行の融資も比較的受けやすいと言えます。
このように、株式会社にしておくことには、色々な魅力があるのです。
デメリットよりもメリットの方が格段に多いのが、株式会社という形態の特徴と言えるでしょう。

これから会社設立を考えている方は、株式会社にするのが良いかもしれません。
ただ、株主を持つということは、その分株主に対しても気を遣うことになります。
また、経営や運営に関しても、株主の影響力が強くなってきます。
そのため、そこは何を優先するかによって選んでいくと良いです。
近年はそういうトラブルや問題を避けるために、合同会社などにするところも多くなっています。
まずは自分たちにとって最適な会社設立は何か、細かく考えてみてください。

大阪の中小企業に強い税理士とは?

会社設立 税理士01

会社設立時にはいろいろな専門家が力を貸してくれますが、中でも税理士とは長く付き合っていく可能性が高いと思いますので、しっかりその特徴を把握しておいたほうがいいでしょう。
大坂にはいくつも中小企業がありますが、中小企業の多くは税理士を顧問契約を結んでおり、会社設立から税務に携わっている人もたくさんいます。

そこで今回は中小企業に強い税理士を探すにはどのようにすればいいのかお伝えしていきたいと思います。

まず最初に税理士は税務関係の仕事をメインに行いますから、中小企業に限らず企業と顧問契約する際には法人税や消費税、所得税が関わってくることが多くなるでしょう。
税理士は企業にかかってくる税金に関する申請・申告用の書類作成や代行業務、相談やアドバイスをしてくれますので、経営者や社員が分からないことがあるときに頼りになりますし、顧問契約していれば税務全般を任せられます。

したがって顧問契約している企業がほとんどですし、そのタイミングは特に決まっていませんができるだけ早い段階で自分たちに合った税理士を見つけておいたほうがいいでしょう。
また、中には税理士以外の資格を持っている人もいて会社設立手続きのアシストをしてくれることもあります。

会社設立手続きが初めて起業する人にとってややこしい部分も多いですし、専門的な知識を必要とする場面もあります。
たとえば定款の作成は現在電子定款がメインになっていますが、電子定款で作成する場合、専用のソフトを導入しなければなりません。

紙の定款だと収入印紙代40,000円がかかりますから、これを節約するために電子定款にするのですが、自分だけでやるとなると40,000円以上かかってしまうこともめずらしくありません。
したがって会社設立手続きは自分だけでやるよりも専門家と共同で進めていくほうが効率的ですし、新規の企業と関わりがある場合には会社設立の祝いなどを出したりもしますが、そのときにどういったものがいいのかということまでアドバイスをもらえます。

自分だけで手続きをやりたいという人もたまにいますが、これはもともと法律的な知識があるならいいかもしれませんが、そうでないなら時間もお金もかかってしまうので非常に不効率ですしコストのかかるやり方となります。
中小企業の場合はもともと節税に力を入れることも多いですし、あまりコストをかけずに経営していくことを早くから考えておかなければなりませんので、できれば会社設立に関われる税理士のほうがおすすめです。

おしえて税理士さん!税金のきほん

会社設立

よく会社設立するときには税理士に相談すると良いと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?
ここでは会社設立時の税理士の必要性について直接聞いてみたので、その見解を紹介していきたいと思います。

はじめに会社設立の簡単な流れから説明していきますが、まずは会社名や会社の所在地、事業内容を決めるところからスタートします。
会社名は経営者自身の名前を使っても構いませんし、関連するワードを盛り込んだり、自分の好きな言葉を使っても良いですし、基本的には自由に決められます。

ただし会社名には必ず商号をいれなければいけませんので、すべての表記を英語にすることができなかったり、商号が使えないものである可能性も考えられるので決まったら商号調査によってチェックしてください。
会社名はできるだけアクセスと職場環境の両面を意識し、事業内容もどのように利益を出していくのか多角的に見ていろいろな人の見解を参考にするといいでしょう。

この3つが決まったら資本金の設定などを行い、定款と呼ばれる会社のルールブックを作成します。
その後は資本金の払い込みを行い、最終的に法務局で登記申請を行って、それが通れば晴れて法人として登録されます。

ここまでが会社設立手続きの一連の流れとなりますが、実はここまでの流れの中では税理士はそれほど必要だと感じるところはありません。
と言うのも、会社設立手続きの段階では会社を設立するために動くだけなので、税金が絡むことがないからです。

しかし会社設立後のことを考えると税理士は必ず必要になってきます。
たとえば会社の経費として計上できるものはどんなものなのか、会社設立するときに使ったお金の中に経費となるものはあるのかなども税理士に相談すれば分かりますし、仕入れのときにかかる消費税や社員やアルバイトを雇うのであれば人件費や社会保険などお金が絡んできますし、確定申告や年末調整の必要もあります。

また、資本金が1,000万円以下の企業については最大で2年間消費税が免除されるという特例も利用できますし、その他会社運営をしていくうえで節税の手段も税理士は数多く選択肢を持っています。
税金は会社経営をするうえでもっとも負担になる部分ですし、いかにそこを減らすかが大きなポイントになりますから、会社設立と同時に税理士と顧問契約するところはとても多いのです。

もしこれから会社設立を考えているなら税理士の必要性についても同時に考えておいてください。

東京の相続専門の税理士を探す方法

相続税の申告をはじめ、相続関係の多くのことを相談できるのが東京にいる専門の税理士ですが、この方を探すにはどうすればいいでしょうか?
現在はインターネットを使うのが基本です。
探し方も簡単で、飲食店などを探すときと同じように、大手の検索エンジンでキーワード検索をするだけです。
続きを読む →

相続の相談をしたときの料金

東京の税理士に相続の相談をしたときにかかる料金は、どれくらいでしょうか?
基本的な相談内容になるのは相続税の計算や申告代理ですが、これはその相続資産によって決まるのが基本です。
莫大な遺産があると相談料も高くなりますが、それほど多くないなら、相談料も安くなります。
続きを読む →

東京の税理士に頼める相談の種類

東京の税理士には相続に関していろいろな相談ができますが、どんな相談ができるのか、その種類をご紹介しましょう。
まずは相続税がかかるかどうかの計算です。
相続税は、身内で亡くなった方が出たら絶対にかかるわけではありません。
これも確定申告と同じで、無課税となる条件がいくつかあります。
続きを読む →

東京での相続の相談は

東京で起きた相続についての相談は、地元にいる税理士までできます。
何か具体的な依頼内容がなくても、とりあえず相談したいといったお願いもできますから、何か困ったことや専門家に聞きたいことがあれば、東京の税理士まで聞いてみるといいでしょう。
続きを読む →

節税相談なら

東京で相続を専門とする税理士に頼めることの1つに、節税があります。
これも知っておくといいですね。
節税とは、許された範囲で税金を減らすように対策すること。
所得税などでも一般的で、所得の計算時に使える控除項目が増えるようにあらかじめ対策しておけば、所得が少なくなり、それを使って計算する所得税の金額も減るというわけです。
続きを読む →